レジャー業界の特徴

FSC_kanransyatoaozora500

レジャー業界

余暇の過ごし方を提供し、多くの人に娯楽を楽しんでもらうのがレジャー業界の役割です。
日本は諸外国に比べると余暇が少なく、短い休みをどのように過ごすのか、ということは多くの人にとって課題の一つともなっています。
ただ、一口にレジャーといってもその幅は非常に広いのもまた事実です。

というのも、いわゆるスポーツ系のレジャーもあれば、イベント系のレジャーもありますし、遊園地や動物園などの施設系レジャーというのも存在しているためです。
いずれもレジャーの一種ではあるものの、やっていることの内容には違いがありますので、どのレジャーが良いのか、ということについて考える事が必要になるでしょう。
では、レジャー業界の業界としての特色について簡単に考えていきたいと思います。

まず第一のポイントとして、レジャー業界という特殊な名前をとっているものの、仕事の内容は本質的にはサービス業と大きく変わらないということです。
提供しているのは物質的なものではなく、精神的なものであり、楽しんでもらう、ということ自体が商品になるのがこのレジャー業界の特徴です。
だからこそ、この業界で仕事をしたいと考えるのであれば、当然顧客にどのように楽しんでもらうことが出来るのか、ということを考えられる人でなければいけません。

また、仕事の内容が休暇に合わせていることもあり、通常の仕事と繁忙期が逆転することも注意する必要があります。
例えば連休などのシーズンというのはレジャー業界にとってはかきいれどきということになりますから、休むことは難しいでしょう。
他の業界の人と休みを合わせて何かをする、ということは難しくなってしまうことは知っておく必要があります。

レジャーに求められるもの

レジャー業界においてサービス力というのは必要不可欠なものですが、もう一つ重要になるのがマネージメント力です。
どのように企画を考え、人を動かすのか、ということはレジャー業界で上を目指すためには避けて通ることが出来ない問題です。
スタッフの良し悪しがサービス全体に大きな影響を及ぼすレジャー業界だからこそ、どのように人を動かして楽しんでもらうのか、ということは改めて考えなければなりません。

顧客は大人ばかりではなく、子供も多いのがこの業界のもう一つの特徴です。
全員に楽しんでもらうことができるようにするにはどのようなことが必要なのか、深く考える事が必要になるでしょう。

>>ツアーコンダクター
ツアー旅行の案内を行う