トレーダー

トレーダーとはどういう仕事か

トレーダーとは株式などの金融商品を仲買する仕事をする人のことです。
最近では「ネットトレーダー」といったような個人でトレーディングを仕事している人も多くなっているので、どちらかというと会社に勤務する人ではなく個人で行う仕事というイメージが強くなってしまっています。

ですが金融機関などに勤務する職業トレーダーも数多くおり、一刻一秒を争うこともある投資の場面において適切なタイミングで売買ができるように顧客と連絡をとりながら行っていきます。

そもそもトレーダーという仕事が一般人でもできるようになったのは、ネット証券といった個人が自由に売買ができるツールの整備が整ったからです。

便利なネット証券という仕組みがなかった時期には、電話などで顧客から注文を受けた証券会社の担当者がその瞬間瞬間の取引を行っていました。

トレーダーは顧客の指示を受けて売買判断をする場合と、ファンドマネージャーなどの指示を受けながら顧客から預かった資金の範囲で投資を行うという場合とがあり、どういった方法で利益を挙げるかは個々人のスタイルによって異なります。

トレーダーとなるためには

トレーダーとして仕事自体は、前述したように個人が自由に取引できるツールが整ったことで現在減少傾向にあります。
これまでは投資家と実際の売買を担当するディーラーの間で仲介業務するという仕事がありましたが、直接売買を顧客ができることになったことにより仲介という仕事が不要になってしまいました。

ファンドマネージャーとトレーダーが異なる点としては、ファンドマネージャーがファンダメンタルズ分析という企業の財務諸表や経済関連のデータをもとにした投資判断をしていのに対し、トレーダーはテクニカル分析という直近の価格変動からの動き分析して短期での売買をしていくということです。

個人向けのネット証券口座では、こうしたテクニカル分析が簡単にできるツールも最初からアプリケーションとして使用できるようになっていることも多くあります。

企業として行うトレーダーの仕事はそうしたアプリケーションソフトを使用し、テクニカル分析を苦手とする顧客に変わり短期売買をしていくことに変化をしてきています。