Webディレクター

Webディレクターとはどういう仕事か

Webディレクターとは、私達が普段インターネットで閲覧をしているWebサイトを制作するための制作責任者となる仕事です。

Webサイトを制作するときにはまず「どういった目的で作成するか」「どういった機能をもたせるか」「どんなデザインにするか」といったことをいくつか提案し、そこから実際の制作現場に落とし込んでいくことになります。

Webディレクターは依頼を受けた顧客の担当者にヒアリングを行い、その意見を聞きつつどういった方法で制作をしていくかということを決めていきいます。

またその話し合いでまとまった内容を社内のWebデザイナーや制作スタッフに通達し、スケジュールどおりに仕上げるには誰にどういった仕事の振り方をするかを考えていきます。

他にもコンテンツの品質管理の仕事もWebディレクターの仕事です。
品質を高めるためにも、必要であれば撮影や取材など関わることも少なくありません。
その為、会社によってはWebディレクターは、Webプランナーの仕事も兼ねることもあります。

また、1つのプロジェックトの担当ではなく、複数のプロジェックトを請け負う人も多いため、自分のスケジュール管理も必要になります。

Webディレクターになるためには

Webディレクターとしての仕事はどの企業でも一律であるというわけではなく、どういった現場で勤務をするかによって異なってきます。

主な勤務先となるのはWeb制作会社や広告代理店といったところですが、社内でどこまでの作業をすることができるかによってかなりWebディレクターに求められるスキルも違ってきます。

Web制作会社として企画されたサイト制作のほぼ全般を請け負うということならば、Webディレクターは自らデザインも担当するアートクリエイト系の仕事がメインになります。

一方で広告代理店のようにブランディングがメインの企業では、デザインや制作は別の制作スタッフに任せ、自らはあくまでも制作が順調に進んでいるかのまとめ役となります。