ITコンサルタント

ITコンサルタントとはどういう仕事か

ITコンサルタントとは、年々重要度が増していくインターネットにおいて企業の広告や告知をどのように行っていくかということを総合的に提案していくための仕事です。

ITコンサルタントという名称になっていますが、ITだけでなく通常の街頭などでの広告も含めどういった方法で世間に露出していくことで高いインパクトになるかということを考えていくことも仕事になります。

企業の広報担当者の中にはITにあまり詳しくないという人も多いようで、今現在のWeb業界はどんなものかということを把握しきれないということもよくあります。

そこでITコンサルタントは最新のWebやネットの事情を鑑みてどういった方法ならば効果をあげられるかということを考えていきます。

ITコンサルタントになるためには

ITコンサルタントになるために、絶対必要な資格というものはありません。

IT知識があるのは勿論のこと、経営的な視点やクライアントの視点、論理的な視点など、様々な視点から考え提案することがとても重要になります。
その為、経験が豊富なITコンサルタントはどの会社でも重宝されるでしょう。

また、ITコンサルタントで大切なのはコミュニケーション能力です。
コンサルタントは常に様々な立場の人と関わる仕事になります。

そしてITコンサルタントとして勤務は、Web制作会社や広告代理店のような実際に制作に関わる企業となるのが一般的です。
他にも経営コンサルタント業務を行う企業内で、特別にIT関連専門家として提案をしていくということもあります。

特にここ近年では、企業内の不祥事が合った場合それをどう火消ししていくかということもITコンサルタントの重要な仕事になってきます。

伝達スピードが早いインターネットにおいてはいかに素早く対応できるかが企業イメージに直結してくるので、24時間体制ですぐにトラブルに対応できるかが重要な役割と言えます。