メイクアップアーティスト

芸能人やモデルのヘアメイクをしていくための仕事

メイクアップアーティストは、文字通り他人のメイクを担当する仕事のことです。
メイク施術は一般の美容室やエステサロンでも行ってはいるものの、それは別の施術の一貫として行われるにとどまります。

メイクアップアーティストは他の美容と切り離したメイク部分のみを専門に行うという仕事となっており、主に芸能人やモデルさん、舞台俳優や女優さんなどを対象にその場面でふさわしいメイクを専門に受けます。

当然美容関連の仕事の中でも求められるスキルは相当高く、自分で事務所を持っていたりフリーランスとして仕事を直接受けていたりする人が多く見られます。
場合によっては芸能事務所に直接雇用をされ、そこに所属する有名人のためのメイクを行うということもあるようです。

さらには化粧品の開発メーカーなどに勤務をして広告用にメイクをしたり、自社製品をPRするためのメイク活動をしていったりというような営業的活動をする人もいます。

いずれにしてもレベルの高い技術職なので、メイク担当者として就職をしたからといって必ず将来メイクアップアーティストになれるという保証はどこにもありません。

メイクアップアーティストになるための条件

メイクアップアーティストとして仕事をしていくときに事前に必要になる資格はありませんが、人の肌に触れる仕事である以上健康面や衛生面への知識は必須となるのでほとんどの人は専門学校などでメイクの勉強をしてから仕事を探します。

有名な資格としては民間の社団法人JMAが主催している「JMA日本メイクアップ技術検定試験」といったものがあります。
このJMA日本メイクアップ技術検定試験では、メイクの基本的な技術だけでなく、必要になる感性やセンスの磨き方や接客技術といったプロとして勤務するための技能を学習するので業界内でも非常に信頼性の高い資格と言えます。

上記の資格で学ぶことができるメイクアップアーティストとしての能力には、化粧水や美容液を使った肌ケアの方法からメイクの基本的な手順、さらにプロの使用するメイク器具の使い方、そこに場面ごとに求められるメイクの種類といったものが加わります。

現在第一線で活躍をされているメイクアップアーティストの多くが最初は別の仕事をしながらの学習をし、副業としてメイクをしていくうちにキャリアを伸ばしていっているので、最初のメイク一本で食べられない時期をどうしのいでいくかということも将来のキャリアアップの重要な条件になってきます。

海外で活躍をするプロも多数

あまり知られていませんが、実は海外で活躍する日本人メイクアップアーティストはかなり大勢います。
本場ハリウッドで特殊メイクや男優・女優のメイクを担当するというような人の中にも日本人はかなり多く含まれており、自分の実力をより広く伸ばすためにそうした一流の場所を選ぶことも珍しくありません。

そうした海外での活躍を意識してか、メイク科のある美容専門学校では海外に短期でメイク留学ができるようにしているところもあり、今後そうした場所で活躍ができる可能性も広がります。

メイクと言っても単に美しく見せるためのメイクではなく、映画や舞台で役柄にあったメイクをするといった特殊な技能も必要となるので得意分野をつくりその才能を伸ばしていくということもメイクアップアーティストとしての成功の道筋です。