ホテルマン

ホテルマンの仕事

ホテルにおいてお客様をおもてなしするのが、ホテルマンの仕事です。
受付から部屋の保全、案内など様々な仕事をする必要があり、体力が必要な仕事となります。
ホテルは一般的な職業の人たちが休日となる日が主に仕事をする日となりますから、ホテルマンも当然土日が休みではなく平日が休みとなりますし、連休なども休みを取ることが難しくなってしまいます。

さらに、ホテルというのは宿泊施設ですから、当然24時間営業であることも忘れてはなりません。
シフトによっては夜勤が入り、その直後に日勤が入るというようなこともあり、体力がなければ続かない仕事であることは間違いありません。
チェックインからチェックアウトの時間はお客様に直接おもてなしをし、チェックアウトからチェックインの時間帯は次のお客様のための準備をする、休みのない仕事となります。

では、ホテルマンとして仕事をするためにはどのような要素が必要となるでしょうか?
まず第一に重要になるのが、「快適さ」を考える心があるということです。
このことをホスピタリティーと言います。

ホテルに泊まりに来る人達は、皆その場で特別な時間を楽しく快適に過ごしたいと考えています。
仕事に書かれていないことでも、お客様がどのようなことを快適だと思うだろうか、ということを考えて仕事が出来なければいけません。
当然、コミュニケーションというのもお客様の快適さに直結するものですから、コミニュケーション能力も鍛えていかなければなりません。

次に、語学力です。
これはどこのホテルで仕事をするのかによっても違って来ますが、海外からのお客様が多く来るようなホテルで勤務するのであれば、少なくとも英語で意思疎通出来るレベルの語学力が必要となります。
日本は特にこの英語能力というものが低い国であり、海外からのお客様が全く意思疎通を図ることが出来ずに困るということも少なくありません。

そういった状態になっては当然快適に過ごすことが出来ませんから、少なくとも相手がなにを求めているのか、ということが理解でき、それを提供出来る程度の語学レベルはほしい所です。

続けていくために

もう一つ、ホテルマンとして仕事をしていくために欠かすことが出来ない能力があります。
それが、体調管理能力です。

前述の通りホテルマンの仕事というのは非常にハードで体力がいりますが、それでしょっちゅう体調を崩しているのでは仕事になりません。
ある程度厳しい仕事のなかで、体調を万全に保つことができる能力というのが、同時に求められることになるわけです。