銀行員

銀行員の仕事とは

銀行員というのは、そのまま銀行に勤務している人全般を指している言葉です。
しかし、銀行というのは多岐に渡る業務を行っている職場であるため、ひとりひとりにスポットを当ててみると、同じ銀行員であってもやっていることにはかなり違いがあることが分かります。
では、銀行員が行っている業務にはどのようなものがあるか、簡単に紹介していきたいと思います。

まず一つに、預金業務に関係する仕事というものがあります。
起業している人以外にとっては銀行の立ち位置というのは基本的には預金をする場所であり、この業務が銀行においてのメインの業務であるように思えるのではないでしょうか。
銀行員が行う預金業務は窓口でもって出入金を行うことにあります。

預金口座による違いを説明したり、顧客にとってどのような預金の方法が得になるのか、ということを説明することが出来る能力が求められます。
顧客との直接のコミュニケーション能力が必要になる上に、銀行のイメージを決めてしまう仕事でもあるため、重要性の高い仕事であることは間違いありません。
銀行内部におけるお金というのは多くがこの預金口座から利用されているものですから、預金というのは銀行にとっての収入源の一つであり、重要な役割を担っています。

融資業務

もう一つ、銀行員として大きな仕事であるのが融資業務です。
一般の人にとってはあまりイメージがないことかもしれませんが、銀行にとって本当の主要業務はお金を預かることではなく、お金を貸し付ける、この融資業務にあります。
その融資によるリターンが銀行における最大の収入となっており、同時に銀行の信用にも繋がっているためです。

ただ、銀行の融資は誰にでも手当たり次第に行えば良いというわけではありません。
しっかり回収出来る相手に貸さなければなりませんから、貸し付ける相手についてのリサーチというものが欠かせません。
また、優良企業というのはすでに別にメインバンクを持っている可能性が高いですし、あるいは融資自体の必要性が薄いこともあり、どうにかして借りてもらうためにはどのように営業するのか、ということが銀行員にとって重要な仕事となります。

銀行がお金を貸すかどうかというのは、稟議と呼ばれる会議によって決定がされます。
銀行の融資部がこの稟議を行った上で、どれぐらいの金額をどれくらいの利率で貸し付けることができるのかが決定されるわけです。