Webデザイナー

Webデザイナーとはどういう仕事なのか

Webデザイナーとは文字通りWeb上で閲覧ができるWebサイトを、クライアントの要望に合ったデザインで構成し作成していく仕事です。
現在ではSNSなど複数のインターネットを通じた広告や告知のためのツールが出てきていますが、それでも依然として企業や特定のイベントで行うWebサイト告知は大変重要な位置づけとなっています。

Webデザイナーの仕事はそうした情報を見に来た閲覧者に対し、必要な情報にいち早くたどり着くことができるような使いやすいサイトをデザインしていくことになります。
その為にも、コーティングの技術だけでなく、色相環のなどを考えた配色のセンスや文字のサイズなども考えて作成が必要です。

企業の公式サイトの他にも、これから販売しようとする商品のためのランディングページや、直接通販で購入できるページを作成したりと、目的に応じたサイト制作ができるかということがWebデザイナーとしてのスキルになります。

Webデザイナーになるためには

Webデザイナーになるためには、IT系企業もしくは印刷会社など広告宣伝用のメディアを作成する企業からの求人に応募をするのが最も簡単な方法です。

そうしたWeb制作会社では法人や個人から特定の目的を達成するためのWebサイトの制作を請け負いますので、その目的に合ったサイトデザインを制作し提案していきます。

Webデザイナーの業務範囲は勤務する場所によってまちまちであり、デザイン部分のみを請負い実際のWebで閲覧できる形にするコーディングは別の担当者がつくということもあれば、完全に自分だけで制作をするということもあります。

いずれにしてもその時々のWebデザインの流行や、ユーザーにとって使いやすいインターフェイスの提案といったことの勉強が欠かせない仕事ですので少しでも担当できる業務を広げていくために日々の勉強は欠かせないといえるでしょう。