インテリアデザイナー・コーディネーター

インテリア関連の仕事は建築業という立場で見れば総仕上げの部分を担当する仕事です。
建築物の見た目の美しさや居心地の良さを演出する仕事です。
注文主のし好に応えながら、成果も要求される難度の高い仕事でもあります。

インテリアデザイナーの仕事

インテリアデザイナーは建築の仕上げの段階で壁、床、窓、エントランス、照明、家具のすべてにおいて雰囲気や快適性を作り出すことにかかわっていきます。
また、壁紙や照明器具、家具などを素材から作る仕事もあります。

仕事の範囲は、建築設計分野、家具製作分野から照明器具、ファブリックにかかわるものまで多種多様です。
個人住宅、オフィス、店舗、劇場、公的施設、ホテルまで、人が過ごす空間のすべての分野にかかわります。
また、素材、形状などもインテリアデザイナーがかかわるので、企画段階、設計段階からかかわっていきます。

インテリアデザイナーになるのに、特に資格はありませんが建築的な知識、心理学的な知識、素材にかかわる智識が必要になります。

大企業に就職するとなると、美大を卒業しておくことが必須になりますが、建築技術教育普及センターの資格も就職が有利になります。
実際に活躍している人は学歴よりも実績がものを言います。

インテリアコーディネーターの仕事

インテリアコーディネーターは、既存のインテリア用品を組み合わせて快適な空間を作り上げていく仕事です。
仕事の範囲は、インテリアデザイナーと同じように、人が過ごす空間すべてにかかわります。
また、照明器具、ファブリック、家具などインテリア関係のすべての器具や道具にかかわっていきます。

インテリアコーディネーターにも特に資格は必要ありませんが、民間の資格を取得しておくと、きちんと勉強をしたという証明になります。

美的センスの良さとともに、インテリアが人にどのような影響を与えるかなどの知識、素材の性質にかかわる知識が必要です。
何よりも、注文主の好みや希望を実現することが大きな要素になります。
提案能力やカウンセリング能力も必要なっ仕事です。

勤務先と収入

インテリアデザイナーの仕事とインテリアコーディネイターの仕事は厳密に区別されているわけではなく、職番お性質によって、一人の人がデザインもコーディネイトも兼ねるのはごく普通のことです。

勤務先は、デザインの事務所、建築会社、家具メーカー、住宅設備メーカー それぞれの販売店などがあります。
雇用形態は、正社員、パートタイマーのほかに独立する人も少なくありません。

給与は、勤務先によって大きく変わります。
規模の大きな会社では、勤務年数が上がれば年収は増えて一般職よりは高収入ですが、規模の小さなデザイン会社やディスプレイ会社では一般職とあまり変わらないところもあります。

実際にデザイナーやコーディネイターとして稼働して来れば出張、残業、休日出勤は必ずあります。
仕事はハードですが、それらに関しての手当てがついてきます。

インテリア関係の販売店で、販売職として働く場合には資格取得していれば、資格手当がつくこともあります。
販売職としてのパートタイマーで、時間給は1000~1500円ぐらいです。

クリエイティブな仕事や感性がものをいう仕事は収入にばらつきが大きいのですが、やりがいがあるのが特徴です。