エステティシャン

エステティシャンの仕事とは

エステで働き、サービスを提供するのがエステティシャンの仕事です。
今やエステというのは全国に広がっているため、その需要は拡大しており、エステティシャンになりたいという人も多くなってきているでしょう。
では、このエステティシャンは実際にはどのような仕事をするのか、ということを簡単に紹介していきたいと思います。

エステティシャンは、クライアントに綺麗になってもらう、ということが第一の目標となる仕事です。
そのため、全身に対してどのような施術を行うことで美容を提供することが出来るのかを知っておかなければなりません。
知識と技術が求められることになりますから、すぐにエステティシャンとして仕事を出来るわけではなく、しばらくは研修などを行って実力をつけていくことになります。

エステティシャンにとってもう一つの目標となるのが、気持よくなってもらうことです。
効果が高いとしても、痛みや不快感があるような施術ではやはり人がつきにくく、人気が出ない可能性が高くなってしまうでしょう。
これは技術的な面だけではなく、コミュニケーションなどを通してクライアントを気持ちよくさせるための能力というのが同じく求められることになります。

これを実現するためには、相手の要望をしっかり聞く能力というものが求められます。
初めての利用のクライアントにはカウンセリングを行い、どのようなサービスを求めているのかを知っておく必要があります。

仕事に就くために

では、エステティシャンになりたいと思ったらどのような道を辿る必要があるのでしょうか?
エステティシャンは国家資格のある職業ではありませんから、免許がなければ出来ないというわけではありません。
(ただし、一部のエステは医療行為を含んでいることがあり、そういった場合については該当する資格の取得が必要となります。)

免許が必要ないとはいえ、知識と技術は強く求められる業界であるため、養成学校などに通ってそれらを取得し、資格を取得するというのが一般的なルートとなります。
その後は一般的な職業と同じく、エステに勤めるという形で仕事をしていき、経験を積んでいきましょう。
そのまま雇われエステティシャンとして仕事を続ける場合もありますし、場合によっては独立し自分のエステを設立することもあります。