アパレル

アパレルとは、本来の意味は衣服のことですが、業界を指す言葉としては既製服という意味で使われています。
アパレル業界とは既製服の製造会社と販売会社、販売店のことを言います。
大手アパレルメーカーが自社のブランドを作って既製服を作り、それを問屋におろしたりして最終的にアパレルショップやデパートで消費者に販売されます。

アパレルショップ店員の仕事

アパレルショップには、デパートやスーパーのほか、セレクトショップやブランドのショップなどがあります。
海外の有名ブランドのショップは日本のデパートや繁華街、ショッピングモールに数多く出店しています。

また、セレクトショップでもそれぞれの独自のコンセプトを持って様々なメーカーの製品を販売しています。
近年特に目立つのがファストファッションのショップです。
海外のファストショップも日本にたくさん進出しています。

アパレルショップの店員は多くの場合、そのショップで販売している商品を着用して店頭販売をしています。
気に入ったブランドの服を着て仕事ができるということでアパレルショップで働く人は多いのですが、店員が着用している服のほとんどは自前でお金を払って自分が働くショップから買います。

自ら着て販売するわけですから、センスの良い着こなしでなくてはなりません。
アパレルショップの店頭に立つ限りは、服装、お化粧などその店のコンセプトに合うように気を付けなければあなりません。
特にブランドショップの場合には、そのブランドの品を着用するので自分自身の被服費も結構かかるものと思わなければなりません。
服が好きでなければ務まらない仕事です。

アパレルショップ店員は、販売業務以外にも、商品ディスプレイ、店舗の清掃、商品整理、在庫管理などの仕事をします。
たまにはクレーム対応もします。

勤務年数があがり、能力もある場合には、店長やマネージャーの仕事もします。
店舗管理、売り上げ管理、人事管理など服の販売と直結しない仕事がたくさんあります。

雇用体系は正社員、アルバイト、パートタイマー、派遣などがあります。
派遣式の販売員でマネキンといわれる人たちの中には、大きな売り上げを上げて、イベント毎に指名がかかる人もあります。

アパレルショップ店員の収入

アパレルショップの店員は正社員の平均年収が280万円ぐらいなのであまり高級とはいえません。
アパレルショップの場合はブランドの質にもよりますが、比較的若い人の職場です。
ある程度勤務年数が経って、もう少し高収入を目指すなら、バイヤーなどの本部業務を目標にします。

パートタイマーやアルバイトの場合には時給は800円から1000円ぐらいです。
ブランドやセレクトショップにほれ込んでアパレルショップ店員になる人もスクナックありません。